3つの銀行口座を使う方法ってどんな方法?

「生活費用」の口座として、もう1つを「交際費用」の口座とします。
そして、あと1つを「貯金用」の口座とします。
このようにして銀行口座を使い分けます。
これが、この貯蓄方法のポイントです。
<1つ目>貯金用口座になります。
これは、入金だけをする口座になります。
生活費用の口座でお金が残った場合は、直ぐに貯金用口座へ入金しますよ。
同じく交際費用の口座でお金が残った場合にも直に貯金用口座へ入金します。
決して貯金用口座からは引き出さないと決めておきます。
それで結構、貯蓄できると思います。
(笑顔)<2つ目>交際費用口座ですね。
これは、遊びに行ったりとか、飲みに行ったり、服を買ったり、家電、家具、雑貨などを買ったりする為の口座になります。
この口座の残金が0円になれば、これ以上は買わないと決めておきます。
そして、入金しておく必要がありますね。
<3つ目>生活費用の口座については、入金用、家賃、水道光熱費などの公共料金の支払い用として使います。
この口座は、家賃やカード利用分、公共料金など絶対に引き落としされると言うお金を管理する為に使います。
そして、引き落とし予定の金額を口座に残しておかなければいけませんよ。
残ったお金の中から1ヶ月分の生活費を計算します。
それを口座に入れておきます。
生活費だけ引き出します。