住宅ローンのおすすめランキング!どこがいい?

仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら未完済のまま終わってしまうのでしょうか。

このような場合に備えて、抑えておくと安心です。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、この理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

近い将来、自分の家を建てたいと思っている方は申請する際に火災保険に加入する必要があります。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなくいかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。

こうした負担を防ぐために、保険に加入することで契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですがその中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を一時的に補う目的で借りるローンの事です。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳しく行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の住宅ローンはどこがいいかが一般的の様です。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的に計算してみる必要があります。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは意外なところで費用がかかる場合もあります。

これから先、親との一緒に住むことになっている方にこの場を借りて新しい住宅ローンについてご説明致します。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために年配の方であれば、普通は申請は出来ません。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で80歳未満の方であれば心配なく申請可能です。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。

普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが提供していますがどこがいいのでしょうか?。

参考:住宅ローンはどこがいい?おすすめランキング【借りるならどこ?】

住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。

住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。

契約終了には約3~4カ月かかる事が多いです。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、住宅のためでないものは通常、認められません。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

万が一、こうした違反が発覚してしまった場合これを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

以上のような危険性やデメリットもあるので、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。

元の住宅ローンはどこがいいかが減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

この保険の詳しい内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申請方法はとても簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするやり方もあります。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

こちらは年末調整では受付できませんので支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。