NISAの口座は誰でもおすすめの?条件はある?

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことはよく言われていますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

となるとお金がないと参加は難しいですし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

参考:http://www.kabuho.net/sengyousyufu.html

NISAの期間は2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーができていましたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。