住宅ローンアドバイザーになる!

住宅ローンアドバイザーになるためには、財団法人の住宅金融普及協会が主催する養成講座を受ける必要があります。
この講座では基礎編と応用編に分かれており、各段階が終了したときに行われる効果測定というもので一定の水準に達していると、次の段階ぬ進むことができるようになっています。
そして応用編が終わった時点の効果測定で一定水準に達していると合格となります。
合格すると修了証書が交付されます。
そして登録料を払って住宅金融普及協会に登録すれば住宅ローンアドバイザーとして認定される仕組みになっています。
この養成講座には特に学歴や実務経験などの受講資格の必要はありません。
誰でも受講できるようになっています。
したがって新しい事業を始めようと考えている人にはとてもいい講座です。
また資格を取得しても協会の登録には3年の有効期限があります。
更新するときには継続プログラムを受講するようになっています。
住宅ローンについてはその内容が変化することが多いのでこのような制度が設けられています。
楽天銀行フラット35審査落ちた?審査基準厳しい?【通るコツ!】