消費者金融の規制緩和で泣くことになる人とは?

大手を対象にした消費者金融の規制緩和で上限金利が上がるケースがあり、人によっては金利負担が増えることがあります。
この場合、上限金利が上がる大手消費者金融を敬遠する顧客が発生します。
このような顧客の中で、比較的融資残高が少ない人は、中小の消費者金融に乗り換えることで、上限金利上昇の被害を食い止めることが可能になります。
同時に、規制緩和で総量規制が撤廃されるので、中小消費者金融から大手への借り換えを検討する人もいるでしょう。
結果として、優良顧客は大手へ移動し、そうでない「サブプライム」層は中小へ移動します。
サブプライム層であっても、規制緩和の対象にならない中小の消費者金融は、利率を上げることはできません。
リスクばかり上がり収入が増加しないので経営が苦しくなり、泣くことになるのです。
総量規制後の今後の見通し