自然災害の場合も非常食は用意しておいた方がいい?

また日本と言う国も大きな変化を遂げています。
かつて日本は、敗戦国でした。
それが高度成長期により一気に躍進を遂げます。
そしてバブルへと突入することになります。
そして、1980年代には、国際社会の中で日本はなくてはならない存在になったのです。
そのあとでバブルが崩壊していしまいます。
景気低迷して、今も尚続いています。
そして、日本は、アジアの中でも重要な国の一つとして今も存在し続けています。
(笑顔)何も日本が変わったのは、政治、経済だけではありませんよ。
そして、次に忘れてならないのが、日本の気象問題になりますね。
ここ十数年で、日本の豪雨災害は数を増しています。
(汗)。
まず以前触れたように都市化が進んだことで土がなくなり保水力が大幅に低下しています。
それが原因で道路は浸水しやすくなりました。
そして、また河川も氾濫しやすくなっています。
そして、都市化によってある現象が起きるようになっています。
(汗)。
それがヒートアイランド現象です。
これは、ゲリラ豪雨の発生原因の一つでもあります。
かつては時間雨量が50ミリ降れば大雨と言われていました。
たったそれだけで騒がれていました。
それが今では、倍の100ミリとなっています。
(汗)そういった大きな変化が、この日本で起きるようになっているのです。
ゲリラ豪雨は、自然災害です。
都市化が原因の一つとして考えられています。
これは確かです。
しかし、都市化は水害の被害を拡大させていますので、これから都市と暮らしていくのは、様々な課題があります。
まずは、ゲリラ豪雨対策として街を更に整備していきたいですね。
赤ちゃん用の非常食ミルクとは?