借りやすいローンおすすめといえば?審査通るコツとは?【消費者金融】

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

参照:http://anpp.info/ranking/kariyasui.html

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。